NZ旅行(1日目)Christchurch近郊散策
2008/12/07(日)撮影

成田から11時間半掛かってChristchurchへ着く。11:00頃だった。現地は日本時間より4時間早い。
空港で現地旅行会社:Global Net New Zealand Ltd.(http://www.globalnet.nz.com/)上田氏と会う。
Europcar レンタカー社から車(日産X−Trailを借り受ける。上田氏と宿泊先の確認など行い、市内の
ホテル(グランドチャンセラーホテル)まで彼の車に着いて行く。日本と同じ車は左側通行だが、
ロータリー式交差点での優先順位に注意を受けた。                           .

ホテルを確認した後、昼食を摂ろうと教えて貰ったのが、市内中心から南の方角にある山の峠のCAFE。
南にまっしぐら走りDyers峠だった。                                           .

(しばらくお待ち下さい!地図表示に時間が掛かります!

View Larger Map
(この図はGoogle Mapですので、この図上でカーソルが使えます)






登ってきたChristchurch方向。Canterbury plains(平野)が見渡せる。






峠の南側はGovermors湾方面。海の色が淡いブルー。この辺りの土質の関係か。

地図上のB点がTaukaharaと言う山並みの頂。名前が「高原」に見えるのも気のせいかな?





峠の茶屋ならず、峠のCAFE!ここで昼食。






これから、長くお付き合いする車と、もるげんさん。






南方面の眺望






北方向のChristchurch方面






絵画的な風景






放牧されている牛






羊が多い。人間の20倍とか。NZ人口400万人






牧場しか見えない山並みでしたが、いきなりある場所には昔から生えていた
古木の林が現れた。牧場への開拓の前には、こうした古木の大樹が生えていたのでは
ないかと想像した。                                        .




何とも幹周り2m以上もある。






山並みを降りて、Ferrymead (地図上D点付近)等の入り江を走る。
ここでも、Kite surf。 湘南の連中より上手そうだ。





市中に戻る。Christchurch大聖堂付近を散策。












Avon川のボートを走らせ遊覧している。
ところでAvon river って、どこかで聞いた名前だ。ロンドンだったけね。











市内の一角を廻る電車。レトロっぽいのが売りでしょうね。






むむ。あのおっさん、こんなところまで商売している。






Christchurch 大聖堂






緯度から比較すると、日本の北海道の北部かな。短い夏を惜しむかのようだ。
夕方21時まで明るい日差しがあります。白夜ですね。






大聖堂(カセードラル)





この日は日曜日だったので市内中心部は色んな催し物があった。





アパカンサスが咲いていました。



    

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー