NZ旅行3日目 Dunedin市内
2008/12/09撮影

朝、起きたら雨空。霧雨。がっくりとしながら朝食を作り、しょんぼり食べた。
気を取り戻して、Dunedin(ダニーデン)市内見物から始めた。






Dunedin(ダニーデン)駅のプラットホーム。
自由に出入りできる。完全に車社会になっている時代の鉄道だ。貨物輸送か
観光用客車しか走らせていないように見える。機関車はディーゼル車だ。




駅ホーム内。

看板業の仕事の車が、直にホーム内にいる。駅員らしき人が時折ひとり二人
出入りするが極めて閑散としている。日本の鉄道の駅と比べると、想像も付かない静かさ。
駅舎内はCAFEバーが主要場所を占めている。                 .




ダニーデン駅全体風景

ニュージーランドで一番美しいと言われてる建物。




駐車場も完備されているが、停めているのは我々の車だけ。





ファースト教会

1848建立。このOtago地方の最初の教会。駅の近く。停めているのは我々の車。





門柱の銘板






これも綺麗な建物だ。ステンドグラスが綺麗らしいが、中へは入らなかった。





この日は雨模様。





教会境内の木立に雫が溜まる。





Robert Burns像
(オクタゴン広場)

ダニーデン市の中心部には八角形の道路がある。名前が文字どおりのOctagon。
Robert Burns(1759〜1796)はスコットランドの国民的詩人。NZにはスコットランド系
移民が多いので、愛着の念で建てられたらしい。彼の詩で我々もよく知っている歌が
Auld Lang Syne日本では「蛍の光」である。                      .
後方に見えるのがSt.Paul’s Anglican Catheralである。




St.Paul’s Anglican Catheral

この後、Balcluthaを経て、Catlins海岸へ向う。

(Waitaki河畔)    (Catlins海岸)

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー